スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TIENDESITAS

Pacig CityのOrtigasにあるTIENDESITASという、ショッピングコンプレックスに行ってきました。

Tiendesidas

TIENDESITASは、Antiques Village、
Handicrafts Village、 Fashion Village、
Home Furnishing Village、 Pet Villageなどの9つの区画に分かれていて、それぞれ目的に合ったお買い物が楽しめます。


Antiques Village

Antiques Village。

大きな家具や装飾品、小物、ジュエリーまで何でもあります


Antiques


中国から流れてきたAntiquesもたくさんあるけれど、「素敵だな」と思うと結構高かったりする。

でも値引き交渉をするのもまた楽しい。


Antiques for Christian

国民の約93%がキリスト教徒のフィリピンだけあって、キリスト教に関するAntiquesもたくさん販売されている。


008_convert_20090726232132.jpg

Handicrafts Village。

民芸品もたくさん。
ルソン島北部で作られている、伝統工芸品たち。


Carvings



見るのは楽しいけど、家にあったらちょっと怖いかも?

バリやマレーシアでも同じような工芸品をたくさん見た。
やっぱり同じアジアだな、と思う。


Dress



Fashion Village。

時々可愛いお洋服に出会える。
縫製や質は良くなかったりするんだけど。。。

じっくり見て歩けば、掘り出し物に出会えるかも。


Fashion Village


小さな店舗が所狭しと並んでいる。

前を通ると、どの店舗からも、「ハロー、マアム」と声を掛けられる。

お買い物をしながら、陽気なフィリピーノと会話をするのも楽しみのひとつ。


Jewellies


色鮮やかなジュエリー。
セブ島のあたりで作られた、貝細工のジュエリーもたくさん販売されている。

安くて可愛いから、つい買ってしまいたくなる。


Food court
Food Village。
フードコートで様々なローカルフードが楽しめる。
私はフィリピンを代表するビール、「San Miguel」のLightを40ペソ(約80円)で購入。
暑いので冷えたビールが美味しい!

こちらでは、ビールはソフトドリンクより安いのです!
だからついつい飲んでしまう。。。



Pet Villageでは子犬や子猫が販売されていたり、ペットグッズが充実していました。ペットを飼っている人にはおススメです。他にも、家具が販売されていたり、植物があったり、盛りだくさん。
色んな物がたくさんありすぎて、とても一度には回りきれませんでした。
何せ暑いのにオープンエアーだから、すぐにバテてしまう。2時間が限度かな。

今回は初めて行ったので、きょろきょろし過ぎて結局何も買えませんでした。
次回は目的を絞って、お買いものに再チャレンジしようと思います。
スポンサーサイト

フルーツ

アジアに住んでいて嬉しいのは、色んなフルーツが気軽に食べられる事。
南国フルーツは安くて美味しい。

私はいつも運転手さんと一緒に道端のフルーツショップで買います。
自分で買うと外国人プライスでふっかけられるし、ひったくりが怖いから、運転手さんに「これとこれ」と車の中から指示を出して買ってもらっています。
でもやっぱり選ぶのも楽しいから、時々車から降りて一緒に選んだりもしています。

Fruits Shop
日本で販売されているバナナは、その多くがフィリピンからの輸入。こちらでは安くて色々な種類のバナナが楽しめます。外国人が良く行くスーパーで売っているのは、日本でもお馴染みのDoleブランドのバナナだったりするけれど、道端で売っているのはもっとローカルなバナナ。ちょっと小さかったり、サイズが整っていなかったりするけれど、甘くて美味しい。


Tropical Fruits
本日仕入れたのは、マンゴー1kg(6個)、パパイヤ1kg(2個)、ロンガン1kg(たくさん!)で、合計260ペソ(約520円)でした。安い!
マンゴーとパパイヤは日本でもお馴染み。マンゴーは日本で買うと1個500円くらいします。ロンガンは「龍眼」と書きます。味はさっぱりとしていて、ランブータンに似ていて美味しい。


まだまだご紹介したフルーツがたくさん。次回はアップの写真を掲載してご説明しますね。


余談ですが、今日はお友達が家に遊びに来てくれたので、クッキーを焼きました。
Cookies


男の子には車のクッキー、女の子にはくまちゃんとうさぎちゃんのクッキー。
子供たちが喜んでくれて良かったです♪

明日も頑張るぞ!

MANILA OCEAN PARK

MANILA OCEAN PARKという水族館に行ってきました。
友達に、「期待しない方が良いよ」と言われていたので、全然期待してなかったせいか、すごく面白かった!
Manila Ocean Park



去年3月にオープンしたばかりの水族館。
アジアで最大級だそうです。(本当かな?)


Entrance


入ってみると、熱帯のジャングルのようなディスプレイにまず感動。
こんなに緑に囲まれたオープンエアなディスプレイの仕方は珍しい!
熱帯気候のフィリピンぽくてとても良い!

ワニもいたりして、息子は釘付けに。


008_convert_20090805152354.jpg


ヒトデ、ウミウシ、ホヤ等に触れるようになっています。
色が鮮やかで可愛らしい。

スタッフの方も魚にすごく詳しくて色々と教えてくれます。


013_convert_20090805152618.jpg



泳いでいる魚も熱帯ならではの魚が多くて面白い。
フィリピンでダイビングすると、こういう魚にたくさん遭遇できるらしい。
潜りたいな!


Fishy


興味深い物を発見。
WHITESPOTTED BAMBOO SHARKという鮫の卵が孵化して成長する過程を展示していました。


Shark's Egg


これが鮫の卵。
卵の中でどんどん成長して行く過程を見れるなんてすごい。
ちょっと分かりづらいけど、右が産まれたばかりで、左に行くにつれて成長して行ってます。
もちろん全部生きていて、泳いでました。
こういう展示、初めて見た。感激。


030_convert_20090805153424.jpg



魚に肌の角質を食べて綺麗にしてもらうエステ?もありました。
150ペソ(約300円)



トンネル状の水槽の中ではジンベイ鮫が泳いでいたり、大きなエイが泳いでいたりして、ずっと見ていても飽きない。
他にも、ボートに乗って水槽の上から魚をのぞけたりするアトラクションもありました。

日本の水族館と比べると、展示している数は少ないし、魚の種類も少ないから、正直、もう終わり?という感じではあったけど、面白かったですよ!また来たいと思うくらい。

入場料は大人400ペソ(約800円)、子供350ペソ(700円)と、フィリピンの物価にしてみればかなり高いのに、家族連れやカップルがたくさん来ていました。大はしゃぎしている地元の子供たちが可愛かった。

皆、家族や恋人と楽しいことをしている時は笑顔にこにこなんですね~。
私もにこにこ、まったりする為に、また来たいと思います。

パン作り

久しぶりにパンを焼きました。
マニラは気温も室温も高いので、発酵時間と温度を調整するのが大変。
何とか工夫して作ったら大成功♪
動物パン



息子が好きなあんこをたっぷり入れて動物パンを作りました。
息子も大喜び。
喜んで食べてくれるのを見てると、こちらまで嬉しくなります。


パンたち



左上がくるみパン、右上がベーコンオニオンチーズパン、下があんパンです。
とっても美味しくできました♪



パンを焼くのって、すごく手間も時間もかかって大変だけど、焼いている時の香ばしい香りは、幸せの香りがしてとても好きです。
家族が笑顔で食べてくれるのを見るのはもっと幸せ。
これからも頑張って焼かなきゃ。

日本食材品店 CHOTO STOP

先日、先輩主婦に日本食材を買いに連れて行ってもらいました。
このお店、店内のほぼ全ての食材が75ペソ(約150円)で、日本から火、木、土曜に航空便で届きます。
日本のちょっとした食材が手に入るという事で、日本人主婦ご用達のお店。
入荷日には行列ができる程の人気とか。
私も期待して出かけました。

でも、お店を見てまず爆笑。
Chotto Stop



これって、MINISTOPのパクリでは???
明らかにそうだよね?



Seikyou?





同じお店だけど、下に置いてある看板はローソンのパクリ?
SEIKYOって書いてあるけど・・・


看板はちょっと笑いを誘うけど、調味料とか野菜が充実していてかなり良いんです。100円均一とかと同じで、全部安いからと思ってたくさん買うとすごい金額になってしまう。私も興奮して買ったらすごい金額に!

このお店、日本の牛乳が手に入るということで、入荷日には行列ができるそうです。私もたまたま残っていた牛乳をGet。でもその値段の高さに驚き。普通の日本の牛乳が1本250ペソ(約500円)もするんです!日本では150円くらいで買えるのに!
でも美味しい牛乳が飲みたくて買ってしまいました・・・カフェラテを淹れたら美味しかった!日本の牛乳最高。

マニラでは美味しい牛乳がなかなか見つかりません。加工乳は賞味期限が1年くらいで(長すぎて怖い。何入ってるの?)味はコンデンスミルクみたい。生乳を買ってみたら、賞味期限の3日前なのにドロドロになってしまっていて・・・。
500円出してでも日本の牛乳を買ってしまう気持も分かります。
でも、やっぱり高いから、私は地道にローカルの美味しい牛乳探しの旅を続けることにします。

CHOTO STOP
2277 Chino Roces Ave. San Lorenzo Village, Makati City, Manila

お米について

日本人には欠かせないお米。
美味しいお米がマニラでも手に入るか心配で、お気に入りの魚沼産こしひかりを20キロほど日本から持ってきました。
でもそれはお寿司とか、特別な日のためにとっておいて、毎日いただくお米は現地で調する事にしました。

034_convert_20090713220601.jpg

フィリピン産のこしひかり、ささにしきを発見!
こしひかりが5㌔で535ペソ(約1,070)
ささにしきが5㌔で480ペソ(約960円)。
日本から輸入のこしひかりが5㌔で2,000ペソ(約4,000円)だから、フィリピン産はかなりお得。
試しに、フィリピン産こしひかりを購入してみました。

炊飯器で炊くと、ぱさぱさして、臭みもあって美味しくなかったので、お鍋で炊いてみました。
木炭を入れてお鍋で炊いてみると、もちもちして臭みも取れてすごく美味しかった!
日本のお米に負けないくらいです。
ずっとそばで見ていないといけないから手間暇かかるけど、手間暇かけた分、美味しくなるんですね。

それにしても、日本からの輸入米は高い!日本で買う場合の2倍はします。こんなの買い続けたら家計が苦しくなってしまうので、フィリピン産のお米で我慢することにします。
「郷に入れば郷に従え」ですよね。

☆おまけ☆

お米を鍋で炊く方法

白米 1カップ
水   1.2カップ (水に浸ける前の米の分量の1.2倍)

1.米をよく研ぎ、約30~40分水に浸し、ザルにあげて水気を切っておく
2.お鍋に米と分量の水(木炭があれば上にのせる)を入れて蓋をして、中火にかける
3.蒸気が出たら弱火にして15分加熱し、火を止める
4.蓋を開けて全体を軽く混ぜて、ふきんをかけてしばらく置く

美味しいごはんの出来上がり♪

「はじめちょろちょろ中ぱっぱ」と聞いていたけど、私はこの方法がうまく炊けるように思います。
皆さんもトライしてみて下さい!

Taxi

初めてタクシーに乗りました。
駐在妻の皆さんには、「危ないから絶対に乗らない方が良い」と聞いてびびっていましたが、まずはトライあるのみ。
コンドミニアムの受付でタクシーを呼んでもらいました。

Taxi

マニラのタクシーはメーター制で、基本料金は35ペソ(約70円)。安いのです!でも悪質なタクシーはメーターを使わなかったり、メーターの動きを早く設定してたりするらしい。(メキシコで経験有)

行ったことがない場所だったので、コンドミニアムのドアマンに行き先を説明してもらっていざ乗車。
ドアとか鍵も壊れているタクシーも結構あると聞いていたから恐る恐る入ってみると、エアコンもついてるし、割と清潔だし、運転手さんがとてもフレンドリーでほっと一息。
行きたい場所になかなか行きつけなくて道に迷った時は、もしかしてわざと遠回りしてる?とちょっと怖くなって息子をぎゅーっと抱きしめてしまったけど、何度も道を聞きながらもちゃんと辿り着けたからまあ良しとしましょう。チップも入れて150ペソ(約300円)でした。平均の倍くらいしたかも。やっぱりぼられたかしら?

道でタクシーを拾うのはちょっと怖いから、帰りは旦那さまに迎えに来てもらいました。
一人ならまだしも、子連れはちょっと危険な感じ。

私の住んでいるコンドミニアムでは、ドアマンが乗るタクシー、降りるタクシーの番号を毎回ちゃんと控えてくれるので安心。何かあってもすぐにトレースできるようにしているらしい。素晴らしいセキュリティ!
でもどこかでタクシーに乗ってそのまま連れ去られたらおしまい。気は抜けない。

マレーシアでは気軽に乗っていたタクシー。治安が良くないマニラでは気軽にとは行かなそう。
ちょっとした冒険をした気分の1日でした。

タイ料理

屋台大好きな私。以前から気になっていた、コンドミニアムの近くにある屋台のタイ料理に行ってきました。
週末の夜はすごく混んでいて並ぶ程の人気。

Som's Noodle House


どんなに美味しいのかと期待して行ってみたのですが。。。残念!タイ料理なのに全体的に甘い。
カレーも、トムヤムクンも甘くて、絶対お砂糖入れてるでしょう?という感じ。
それに、タイ料理には欠かせない香草のパクチーが入ってなくて、代わりにバジルやミントが。。。
あり得ない!

屋台だけに、安めだし、雰囲気は楽しいんだけど味がイマイチ。でもすごい人気で、ちょっとお洒落なローカルや、欧米人がたくさん来てました。何故かおかまちゃんも多かった。

期待していた屋台の料理に、夫婦してガッカリ。肩を深く落として帰りました。


翌日、そんなガッカリちゃんの私に、主人がタイ焼きを買ってきてくれました。

Taiyaki


マニラ市内からちょっと外れたBininanという町に、日本人男性とフィリピン女性のご夫婦が小さなお店をかまえて、タイ焼きだけを販売しているそう。
日本のタイ焼きと全く変わらなくて、あんこがぎっしり入ってて美味しかった~♪
1個8ペソ(16円)というから驚きです。良心的すぎる。ご夫婦でやっていて、1個16円でちゃんとペイしているのかしら?といらぬ心配をしてしまいました。

そろそろ日本の食事が恋しいこの頃。
タイ焼き君はそんな私の心を、ホクホクとあたたかーくしてくれました。




プロフィール

☆でこでこ☆

Author:☆でこでこ☆
2009年からフィリピン生活をスタート。マニラで旦那さまのK氏と3歳の息子と8か月のベビーと暮らしています。以前はマレーシアのクアラルンプールに7年間住んでいました。マニラでの生活をEnjoyすべく奮闘中です。よろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。