スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車購入

2歳半になる息子に自転車を買ってあげました。

カルティマール市場に、自転車屋さんがたくさんあるので、足を延ばしてみました。
040_convert_20091124214004.jpg


ええ!子供用のペディキャブ!?(フィリピンでよく見かける自転車のタクシー)
可愛い~。地元の方が買って行きました。隣は兄弟を載せるのかな?


038_convert_20091124214132.jpg

お店は10件程あって、子ども用の自転車も大人用の本格的マウンテンバイク等がたくさん販売されています。
我が家は補助輪付きの子供用自転車を1500ペソ(約3000円)で購入。
デパートの6割くらいで買えます。


042_convert_20091124215725.jpg


早速お庭で乗り回す息子。
とても気に入ったらしく、2時間近く、もくもくと汗だくになって漕いでいました。

こんなに夢中になるならもっと早く買ってあげれば良かった!



スポンサーサイト

チャイナタウン

久しぶりにチャイナタウンに行ってきました。
お友達に連れて行ってもらったので、今まで行ったことのない、ディープなチャイナタウン?を楽しめました。

023_convert_20091119175655.jpg


チャイナタウンでよく見かけるカレッサ。車の渋滞に巻き込まれながらも良い子ちゃんに走ってました。


015_convert_20091119175124.jpg


中華食材屋さんでは、色んな物が売ってました。ピータンも普通に売っている。
安いけどやめておこう。。。


016_convert_20091119175337.jpg


マレーシアの中華系の友達がよく食べていた乾燥梅干しを発見。懐かしくて買っちゃいました。少し甘くてしょっぱくて、美味しい。


020_convert_20091119175929.jpg

今日のお目当ては肉まん。お友達の家で頂いて、美味しさは知っていたので、まとめて20個も購入。冷凍庫に入れておいて、お腹がすいた時のおやつに。
「豊源」というお店。

025_convert_20091119174958.jpg


大きな釜で蒸してました。中身はニラがたっぷり入った濃いお醤油味。1個15ペソ(約30円)だから安い!

021_convert_20091119175536.jpg


甘栗の露天。台湾産の大きな甘栗と、中国産の小ぶりな甘栗がありました。私は剥きやすい大きな甘栗を1Kg170ペソ(約340円)で購入。甘くておいしーい。


011_convert_20091119180045.jpg

お友達が家で履いているスリッパ。ビーズ細工が可愛い!私は家では裸足で生活しているので買わなかったけれど、お土産とかに喜ばれそう。お友達はお土産用にまとめ買いしていました。
1足185ペソ(約370円)だから安い!


今日はとても天気が良くて蒸し暑く、そのせいかドブの匂いが町中に漂っていて臭かった~。その匂いでやられてしまって、気分が悪くなってしまいました。この匂いさえなかったらもっと楽しめたのに。
チャイナタウンは色々と売っていて楽しいけれど、行く時にはスリに気をつけましょうね!

アポ島

フィリピンの秘島と言われている、アポ島へ行ってきました。海洋保護地区に指定されているだけあって、海がとても綺麗でした。
215_convert_20091103234323.jpg
マニラから飛行機で約1時間15分。ネグロス島の南にある、Dumaguete空港に到着。空港から40分車で港へ移動、港から屋根もない小さなボートに揺られる事35分。やっとアポ島へ到着。疲れたけれど、その海の綺麗さに感激!深いところまでクリアに見えてしまう水の透明度には驚きました。
ボートで島へ向かう途中では、イルカの群れに遭遇しました。ラッキー!


021_convert_20091103231034.jpg

ホテルはLiberty Community Lodgeに宿泊。一番良い部屋で1部屋1泊2700ペソ(約5400円)だからとても安い。エアコンもテレビも温水もありません。しかも夜10時を過ぎると電気が全て消えてしまう仕組み。でも慣れてしまえば快適でしたよ。


020_convert_20091103231429.jpg

バルコニーからの景色が素晴らしい。気持ちの良い潮風が吹くので、バルコニーでの読書がくつろぎの時間。息子もバルコニーで家族と過ごすのがお気に入りでした。お茶を飲んだり絵本を読んだり。
テレビなんて全く必要ありませんでした。


030_convert_20091103233120.jpg

島にはリゾートがひとつしかないと聞いていたけれど、隣にもうひとつお宿がありました。
Apo Island Beach Resort
こちらの方が海にすごく近くて、レストランが洒落ています。ランチはいつもここで水着のまま戴きました。お味は。。。孤島だからしょうがないよね!という感じ。食の楽しみはなかったかな。


155_convert_20091104001338.jpg
目の前のビーチがとても綺麗で、朝から夕方までずっとビーチでまったり。息子とお砂遊びをしたり、泳いだり。さすが海洋保護地区のアポ島。透明度が素晴らしく、目の前の浅瀬でシュノーケルをするだけで、大小様々、色様々な魚たちに出会えます。ダイビングをした主人は、大きな亀と一緒に泳いだり、見たこともないような魚たちに出会えたそうです。運が良ければ大きなマンタにも出会えるそう。

188_convert_20091103235700.jpg


子供たちは海が大好き。午前中と夕方の涼しい時間に遊びに来ます。岩からジャンプをしたり泳いだり。毎日遊んでいるそうです。笑顔が無邪気で可愛くとってもフレンドリーでした。
息子も一緒に遊んでもらいました。


123_convert_20091104002843.jpg

夕陽がとても綺麗でした。毎日浜辺に座って夕陽を眺める時間がとても楽しみでした。
島の皆さんも夕陽を眺めるのが好きなようで、その時間になると皆ぞろぞろと浜辺に出てきて、座っておしゃべりをしながら夕陽を眺めていました。こんなに素敵な夕陽を毎日見られるなんて羨ましいですね。

119_convert_20091104003624.jpg

リゾートのすぐ隣にある、ビレッジを訪れるのも楽しみのひとつでした。
現地の人の暮らしをこんなに近くで垣間見たのは初めて。
家の中に土間があって、火を焚いて釜でお料理していたり、お庭でお料理していたり。


118_convert_20091104004904.jpg

井戸から汲んだ水を子供たちが運んで、その水でたらいで洗濯物を洗っていました。

テレビがある家が少ないようで、テレビをつけている家の前には人だかりが。まるで数十年前の日本の光景を見ているようで、心が和みました。


アポ島は何もない島だけれども、手付かずの自然が残っていて、海が素晴らしく綺麗で、人がとても優しくフレンドリーで、とても幸せな気分にしてくれる島だと思いました。
ダイバーの皆さんはもちろん、シュノーケリングが好きな方、田舎が好きな方にはお薦めです。
綺麗なリゾートで、セレブ気分を味わいたい人には向かないかな。私たち家族はオールマイティなので、心から楽しめました。

さて、次はどのリゾートへ行こうかな。。。

180_convert_20091104001708.jpg197_convert_20091104001516.jpg090_convert_20091104002554.jpg024_convert_20091103234523.jpg

080_convert_20091103234807.jpg060_convert_20091104003058.jpg041_convert_20091103233624.jpg105_convert_20091104003833.jpg
プロフィール

☆でこでこ☆

Author:☆でこでこ☆
2009年からフィリピン生活をスタート。マニラで旦那さまのK氏と3歳の息子と8か月のベビーと暮らしています。以前はマレーシアのクアラルンプールに7年間住んでいました。マニラでの生活をEnjoyすべく奮闘中です。よろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。