スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海亀の産卵を観に バタアンへの旅

だいぶ、だいぶアップをさぼってしまいました。。。ごめんなさい!
ちょっと古いネタになってしまいますが、少しずつアップして行きます。

12月末、友人のご家族と共に、海亀の産卵を観に行ってきました。
あまり知られていませんが、毎年12月~1月にかけて、バタアンというスービックを少し越えた所にある海辺に、海亀が産卵に帰って来ます。
そこでは海亀の産卵が観られるのと、海亀保護センターで産まれたばかりの海亀の赤ちゃんを海に放流することができます。
046_convert_20120206224328.jpg

夕方、海亀保護センターへ行って、子亀の放流をさせてもらいました。
その日に産まれたばかりの子亀。小さくて、本当に可愛いです。


029_convert_20120206231507.jpg


息子達も初めて触れる子亀に釘付け。

1歳半の息子でも、小さな弱い物を慈しむ事を直感的に分かっているようで、とても大切に大切に触っていました。
可愛い子亀と、優しい息子達を見て癒されました。

037_convert_20120206224223.jpg


子亀の放流は1匹300ペソ(約600円)でトライさせてもらえます。300ペソ払ったのですが、結局一人5匹以上は放流させてもらえたんですけどね。

海で大きくなってね、と子亀に語りかける息子。

062_convert_20120206224525.jpg


一生懸命海を目指して歩いていきます。皆で頑張れ、頑張れ!無事に大きくなってね!と叫びながら観ていました。

077_convert_20120206224657.jpg

海に入って行った子亀を見て涙。
まるで自分の子供達が荒波に揉まれることを覚悟で人生に挑んでいくのを見たような気がして。。。
勝手に子亀と自分の息子達を重ねて涙する母でございました。アホ?

一度宿へ帰って、夜中の12時に海亀保護センターで係の人と合流。
今度はいざ海亀の産卵を観に出発!
歩くこと1時間半。。。何も見えません。ただただ真っ暗な海辺を懐中電灯の明かりを頼りに歩くのみ。

093_convert_20120206224857.jpg
今夜はもう観れないねと諦め、主人とお互いを慰め合ってとぼとぼと歩いて帰る途中、最後の最後で海亀発見!残念ながら、産む瞬間は見えなかったけれど、産卵の直後で泣きながら一生懸命卵を穴に隠していました。
本当に泣くんですね!

113_convert_20120206225514.jpg

保護センターの係の人がせっかく亀さんが埋めた卵を掘り返し、数を数えたところ103個もありました!触ってみると、ピンポン玉みたいにちょっと軟らかくてぺこぺこしていました。
白くて、暖かくて、命を感じました。

095_convert_20120206225040.jpg

お母さん亀にナンバーや情報が書かれたタグを付けます。こうしておくことで、他の海で発見された時、海亀の行動が分かるようにするんだそうです。

109_convert_20120206225301.jpg

ここでは、見つけた卵はすぐに保護センターへ持ち帰って、そこで卵から孵らすそうです。何故かというと、野良犬が見つけて食べてしまうケースと、現地の人間が掘り起こして食べたり、売ったりしてしまうんだそうです。
海亀のサンクチュアリなのに、現地の人が海亀を守れないのは悲しい事だと嘆いていました。

とても大きなお母さん亀でした。

121_convert_20120206225747.jpg

お母さん亀、産卵という大仕事を終えて一心不乱に海を目指します。
後姿が逞しい。お疲れ様。

130_convert_20120206225925.jpg

保護センターに戻り、係の人と一緒に卵を埋めました。無事に孵ってくれますように。大きな海亀になってまた戻って来てね!と祈りながら帰途に着きました。
宿に着いたのは朝の2時。とても疲れていたけれど、素晴らしい物を見せてもらった満足感に主人と二人、いつまでも興奮して語り合いました。

002_convert_20120206223454.jpg

宿泊はPhi Phi Hotelというかなりローカルな小さな宿泊施設(あえてホテルとは言わない)に泊りました。
一番豪華なスウィートに泊ってみたものの、すごくローカルな感じでございました。でもお湯も出たし、エアコンもあったから私としてはかなりOK。安いもの。

151_convert_20120206230100.jpg

ご飯がわりと美味しかったです。フィリピン料理しかないのですが、フライドチキンとか、魚のホイル焼きとか結構いけましたよ。写真は典型的なフィリピンの朝ごはん。

163_convert_20120206230247.jpg

帰り道、スービックにあるオーシャンワールドに寄ってイルカショーを観ました。子供たちは大喜び。

午前中にマニラを出てバタアンを目指し、途中スービックでランチ、その後ホテルチェックイン、夕方子亀の放流、夜中、海亀の産卵を観に行く、翌朝チェックアウトの後スービックでオーシャンワールドに寄って帰る、というコース、いかがでしょうか?お薦めですよ。

ホテルは海辺にたくさんあったので、Phi Phiでなくて良いと思います。他に良いホテル見つけた方は教えて下さいね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

☆でこでこ☆

Author:☆でこでこ☆
2009年からフィリピン生活をスタート。マニラで旦那さまのK氏と3歳の息子と8か月のベビーと暮らしています。以前はマレーシアのクアラルンプールに7年間住んでいました。マニラでの生活をEnjoyすべく奮闘中です。よろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。